当農園で栽培している、珍しい希少品種でなかなか手に入らないと思うみかんです。

盛田温州

  • 来歴
    佐賀県松浦郡七山村の盛田博文氏によって、自園の宮川早生の枝変わりとして発見されました。その後の調査により、母品種と比較して、樹特性や果実に大きな区別性が認められたため、昭和55年に登録に至った。とあります。
  • 果実特性
    盛田温州の最も大きな特徴は、果皮がトマトのように極めて滑らかで光沢があり、果実の締りが良く浮皮になりにくいことです。大きさは宮川早生と同程度で、成熟期は10月下旬以降になります。完着果の紅の色は宮川早生よりも濃い色になります。私個人の感想ですが、味は少しオレンジに近いと思います。通称トマトみかんと呼ばれているそうです。

山下紅早生

  • 来歴
    福岡県の山川町で山下純一郎氏により品種登録されました。
    宮川早生の枝変わりだそうです。
  • 果実特性
    宮川早生の枝変わりだそうですが、果皮の紅色が極めて強く一目で他のみかんとの違いが分かります。食味は他のみかんと変わらないのですが(もちろん美味しいですよ!)、見た目の色が特徴的で希少種になり幻のみかんと呼ばれているそうです。

完熟して収穫まじかになりましたら、写真をアップしたいと思ってます。

今現在は写真がありません。話だけになりごめんなさい。